予防接種のご案内

「ワクチンで防げる病気」をVPDと呼びます。国枝医院は各種予防接種を行っています。

VPD とは、Vaccine Preventable Diseases の略です。

  • Vaccine=ワクチン
  • Preventable=防げる
  • Diseases=病気

つまり、VPDとは「ワクチンで防げる病気」のことです。VPDには、次のようなものがあります。

ワクチンで防げる主な病気

子供も摂取可能子供も摂取可能

日本で子どもがワクチンを接種できる病気

  • B型肝炎
  • ロタウイルス感染症(胃腸炎)
  • ヒブ感染症
  • 肺炎球菌感染症
  • ジフテリア
  • 破傷風(はしょうふう)
  • 百日せき
  • ポリオ
  • 結核
  • 麻しん(はしか)
  • 風しん
  • おたふくかぜ
  • みずぼうそう
  • 日本脳炎
  • インフルエンザ
  • ヒトパピローマウイルス感染症
一般一般
  • A型肝炎
  • 黄熱病
  • 狂犬病
  • 髄膜炎菌感染症

今も日本では、子どもも大人も毎年多くの人がこれらのワクチンで予防できるはずの病気(VPD)に感染して苦しんだり、後遺症を持ったり、死亡したりしています。
世界中には、とてもたくさんの感染症が存在します。中にはワクチンがないために有効な予防ができず、年間何十万、何百万という人の命を奪っている感染症も少なくありません。

そんな中で、予防のためのワクチンが開発されているVPDは、たいへん少数です。せっかくワクチンがあっても、接種しなければ予防はできません。防ぐ方法のある病気なのに、防がない。こんなにもったいないことはありません。
病気とはこわいものです。失った命や健康は戻ってきません。ワクチンで防げる病気は予防しましょう。

予防接種の種類

定期接種

国が「一定の年齢になったら、受けるように務めなければいけない」とし、感染力が強く、予防の必要性が高いものです。決められた期間内なら、基本的に無料で受けられますが、自治体によっては有料のところもあります。万が一、重い副反応が出てしまった場合も、予防接種と副反応の因果関係が認められれば国から保障が受けられます。

任意接種

希望者が個別に病院へ行って受けるもの。基本的には費用は自己負担になりますが、自治体によっては助成金が出るところもあります。任意接種であっても、重い後遺症を残したり、死亡の危険性もあるVPD(ワクチンで予防できる病気)のためのワクチンであることには変わりありません。任意接種は、決して「受ける必要がないワクチン」という意味ではありません。

国枝医院で接種可能な予防接種

2.定期接種

定期接種には、下の6つがあります。それぞれ決められた接種の時期が近づくと、自治体からお知らせが送られてきます。

ヒブ (インフルエンザ菌b型)

標準的な接種期間 ワクチンの種類と接種方法 注意事項など
初回接種:生後2ヶ月~7ヶ月未満
4~8週間の間隔で3回
追加接種:初回接種後7ヶ月~13ヶ月の間で1回
不活化ワクチン/皮下注射 初回を受ける時期によって、接種の回数が変わってきます。
●生後2~7ヶ月未満:初回接種3回、追加接種1回
●生後7ヶ月~1歳未満:初回接種2回、追加接種1回
●1~5歳未満:1回で接種は終了

小児用肺炎球菌

標準的な接種期間 ワクチンの種類と接種方法 注意事項など
初回接種:生後2ヶ月~7ヶ月未満
27日以上の間隔で3回
追加接種:初回接種終了後60日以上の間隔をあけて、生後12ヶ月~15ヶ月で1回
不活化ワクチン/皮下注射 初回を受ける時期によって、接種の回数が変わってきます。
●生後2ヶ月〜7ヶ月未満:初回接種3回、追加接種1回
●生後7ヶ月〜1歳未満:初回接種2回、追加接種1回
●1〜2歳未満:2回
●2〜5才未満:1回

四種混合(DTP+IPV)定期<ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ>

標準的な接種期間 ワクチンの種類と接種方法 注意事項など
I期 初回接種:生後3ヶ月~12ヶ月
20~56日の間隔で3回
I期 追加接種:初回接種終了後、生後12ヶ月~18ヶ月の間に1回
II期 11歳でDT(ジフテリア・破傷風)ワクチンを1回接種
不活化ワクチン/皮下注射 三種混合(DPT)とポリオワクチンを一度も接種していない場合には、原則として四種混合(DPT-IPV)ワクチンを接種します。いずれかでも受けたことのある人は原則として三種混合ワクチンを接種します。

BCG(結核)

標準的な接種期間 ワクチンの種類と接種方法 注意事項など
生後5ヶ月~8ヶ月に1回 生ワクチン/スタンプ方式 乳幼児は結核に対する抵抗力が弱く、重い後遺症を残す可能性があるので早めの接種が必要です。

麻しん(はしか)・風しん二種混合(MR)

標準的な接種期間 ワクチンの種類と接種方法 注意事項など
I期:1歳~2歳の間に1回
II期:5~7歳の間に1回(小学校入学前の1年間)
生ワクチン/皮下注射 1~2歳にかかる可能性が高いので1歳になったらできるだけ早く受けましょう。

日本脳炎

標準的な接種期間 ワクチンの種類と接種方法 注意事項など
I期初回:3~4歳に2回
I期追加:4~5歳に1回
II期:9~10歳に1回
不活化ワクチン/皮下注射 2005年より、積極的な勧奨は控えることになっていますが、定期接種を受ける権利は守られています。
また2009年6月より新しいワクチンを受けることが可能になりました。

2.任意接種

両親の希望により、必要に応じて接種をするもの。自治体からのお知らせはなく、個別に病院へ行って受けます。

水ぼうそう

標準的な接種期間 ワクチンの種類と接種方法 注意事項など
1歳以降に1回、3ヶ月以上あけて2歳未満に1回 生ワクチン/皮下注射 伝染力がとても高い病気のため、保育園など集団生活をする場合には特に受けておいた方がよいでしょう。

おたふくかぜ

標準的な接種期間 ワクチンの種類と接種方法 注意事項など
1歳以降に1回、5歳~7歳未満で1回 生ワクチン/皮下注射 4歳以降にかかる可能性の高い病気です。まれに髄膜炎や難聴など、重い後遺症が残る場合もあります。集団生活をする前に受けておくとよいでしょう。

B型肝炎

標準的な接種期間 ワクチンの種類と接種方法 注意事項など
生後2ヶ月以降4週間隔で2回
20~24週間後に1回
不活化ワクチン/皮下注射 1回目接種は15週未満を推奨
日本ではウィルスを保有している母親から新生児への感染予防だけが重点的に行われていますが、世界中の多くの国では定期接種になっています。

A型肝炎

標準的な接種期間 ワクチンの種類と接種方法 注意事項など
0ヶ月以降に接種
2週間間隔で2回
24週後に追加
不活化ワクチン/皮下注射 A型肝炎発症予防を目的とする場合、乳幼児、小児への接種も可能となりました。

ロタウィルス

標準的な接種期間 ワクチンの種類と接種方法 注意事項など
生後2ヶ月
※使用するワクチンによって接種回数が違います
生ワクチン/経口投与 「ロタリックス」「ロタテック」の2種類のワクチンがあります。
「ロタリックス」:接種回数は2回
「ロタテック」:接種回数は3回

インフルエンザ

標準的な接種期間 ワクチンの種類と接種方法 注意事項など
6ヶ月以降 秋~冬に2回 不活化ワクチン/皮下注射 乳幼児がインフルエンザにかかると重症化しやすいうえ、脳症などの合併症を起こす可能性もあります。インフルエンザは年によって性質が変わるため、毎年ウィルスにあったワクチンを接種する必要があります。

小児用肺炎球菌

標準的な接種期間 ワクチンの種類と接種方法 注意事項など
年齢により、接種回数が異なります。
詳しくはお問い合わせください。
不活化ワクチン/皮下注射 肺炎球菌は免疫のはたらきが十分でない、乳幼児や高齢者に様々な病気を引き起こします。肺炎球菌によって起こる主な病気には、肺炎、気管支炎等の呼吸器感染症や副鼻腔炎、中耳炎、髄膜炎、菌血症などがあります。

成人用肺炎球菌

標準的な接種期間 ワクチンの種類と接種方法 注意事項など
65歳以上の方
慢性の持病をお持ちの方
不活化ワクチン/皮下注射 肺炎球菌は免疫のはたらきが十分でない、乳幼児や高齢者に様々な病気を引き起こします。肺炎球菌によって起こる主な病気には、肺炎、気管支炎等の呼吸器感染症や副鼻腔炎、中耳炎、髄膜炎、菌血症などがあります。

ページトップへ