スギ花粉の舌下免疫療法

国枝医院では、スギ花粉症の舌下免疫療法を保険適用時(2014年秋以降)より患者さまへの診療を開始する予定です。

免疫療法とは

病気の原因となる物質を少ない量から徐々に増やして体内にいれて治そうとする方法です。従来の皮下免疫療法では、体に安全な低濃度のスギ花粉を含んだ医療用の注射液を最初に注射し、反応を見ながら徐々に量を増やして体内に注射し、体質を徐々に変えていく治療法が行われてきました。

スギ花粉症の舌下免疫療法

2014年秋以降に保険適応予定の舌下免疫療法は、体に安全な低濃度のスギ花粉を含んだ薬を舌の下に滴下し、これを繰り返すことで体質を変えていく治療法です。
治療効果が現れるまで長期間の継続治療が必要となるため、途中で治療を止めてしまうと効果がありません。しかし注射の必要がなく簡便である点や、重篤な副作用が少ないことから、期待されている治療法です。

ページトップへ